• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について


指の違和感や痛みが生じる腱鞘炎は、筋肉と骨を結ぶ腱が通っている、腱鞘に炎症が生じる疾患です。腱鞘が厚みを持ったり硬くなることで、腱と腱鞘に摩擦が起こり、やがて痛みや腫れを伴う炎症に至ります。

指の曲げ伸ばしに違和感を覚えたり、スムーズな動作が難しくなるのも、腱鞘炎の特徴だといえるでしょう。

腱鞘炎の原因


原因はやはり手の使い過ぎで、特に毎日長時間パソコンのキーボードを叩いたり、鍵盤楽器を弾く人に多いとされます。指を曲げる、あるいは伸ばす時に引っ掛かりが出る場合は、腱鞘炎がかなり進んでいる恐れがあります。

ドケルバン病とは

手首に痛みが生じる腱鞘炎をドケルバン病といって、こちらも痛みと腫れが特徴です。更年期以降に女性の発症リスクが高まりますが、妊娠や出産期の女性も、腱鞘炎が起こりやすいといわれています。

子育てで赤ちゃんを頻繁に抱っこする人は、手首に無理な負担が掛からないように気をつけましょう。他にも、糖尿や関節のリウマチを患っている人、人工透析中の人も要注意です。

若者が発症する腱鞘炎の原因

近年は基礎疾患を持たない若い人の間でも、腱鞘炎を発症する人が珍しくなくなっている傾向です。若い人の原因に多いのはスマホの使い過ぎで手首と共に指も酷使してしまうのが問題です。

文字や絵を描く人もリスクは高いですが、毎日のようにギターやドラムを演奏したり、指先の細かい作業が多い人も注意が必要です。

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せ下さい


腱鞘炎は、指の付け根に痛みを感じることが多く、その原因は手首の使い過ぎです。近年は、若者が腱鞘炎を発症しやすく、スマートフォンなどの使用による手首の使い過ぎが主な原因となっています。

当院では、痛みの原因を特定しその症状に合った最適な施術をご提案させていただきます。腱鞘炎でお悩みならペインセーブ接骨院にお任せ下さい。皆様のご来院をお待ちしております。

ペインセーブ接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 ペインセーブ接骨院
所在地 〒370-3344
群馬県高崎市中里見町115-1
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み