• 料金
  • アクセス

産後骨盤矯正について


出産直後は骨盤が歪んでいる状態だと言われていて、少しずつ産後の骨盤の歪みを治していかなければならないといわれます。しかし特に二人目以降の出産となると、上の子供の世話をしなければならないこともあり、産後でもすぐに活動しなければならないという女性も多いものです。

産後の骨盤が歪む原因


産後1年の間にしっかりと骨盤をケアしなければ、将来様々な不調をきたす原因につながる可能性があります。産後には骨盤が歪むといわれていますが、実際には骨が歪むわけではなく、出産により骨盤が開いて正しい位置に戻らないことを指しています。

骨盤はほんのわずかなズレでも筋肉に大きな影響を及ぼす

正しい位置に戻らないズレにより、周りの靱帯や筋肉に不具合が生じます。この骨盤のズレはほんのわずか数ミリであったとしても、筋肉には大きな影響を及ぼします。

放置することで重い更年期障害を引き起こす原因になったり、腸や子宮が膣から出てしまうなどの大病につながる可能性も考えられます。

出産後の不調には様々な原因がある

赤ちゃんを出産した後には腰痛や冷え、尿漏れ、膝の痛みなどの不調を感じる人も多いものです。これらの不調も骨盤が正しい位置に戻っていなかったり、骨盤の筋肉にコリが生じていることが原因になっている可能性も考えられます。

出産は女性にとって最大の毒素を排出するチャンスであるとも言われています。このチャンスを利用し正しくケアすることによって、出産する前よりも美しい体を手に入れることができます。

産後の骨盤の歪みでお悩みなら当院にお任せ下さい


出産後の1年間は骨盤をケアする最大のチャンスです。産後、骨盤は開いたままで正しい位置に戻りません。ケアをしなければ、様々な不調をきたしてしまう可能性があります。

当院では、痛みの原因を特定しその症状に合った最適な施術をご提案させていただきます。産後の骨盤の歪みでお悩みならペインセーブ接骨院にお任せ下さい。皆様のご来院をお待ちしております。

ペインセーブ接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 ペインセーブ接骨院
所在地 〒370-3344
群馬県高崎市中里見町115-1
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み